【映画レビュー】エリザベス ~神なき遺伝子~【ネタバレあり】

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品情報

公開年
2014年

上映時間
81分

ジャンル
ホラー

スタッフ
監督:ビリー・セニーズ
脚本:ビリー・セニーズ

キャスト
ジェレミー・チャイルズ
シェリーン・ニューマン

あらすじ

遺伝子科学者のヴィクター・リード博士は初めての人間のクローン創出に成功、その実験で生まれた女の子の赤ちゃんにエリザベスと名付ける。
リード博士はエリザベスに様々なテストを行う。
しかしその行為と写真がマスコミに流出してしまい、それによって、世界を揺るがす道徳的、宗教的大論争を巻き起こすことになる。
やがてその論争の中で、エリザベス誕生に費やされた彼の過去と実験の失敗の数々が明らかになっていく。
それは人類が見る究極の悪夢の始まりだった…。

感想

まず私個人の評価はこんな感じ。

!この先ネタバレ含!








題材、ビジュアルで好みかと思い視聴しましたが・・・
印象には残るけど、言葉通りなーんかが印象に残るだけ。
仰々しいキャッチコピーの割に盛り上がりもないので実際よりも長く感じ、途中で飽きてしまい最後まで見るのがやっとでした。
2周ほどしたのですが、頭が足りないのかそれでも理解できなかった・・・

題材としては良いだろうに、内容でそれを活かせてないような。
何故せっかく「エリザベス」という対照があるのに、それにスポットを当てないんだ?という部分も多く、謎が残る。
もったいぶっていたイーサンも出てくるとそんな?という感じで、映画なのだからもう少し大げさな表現でも良いように思います。
人体実験のタブーや人権問題、色々挙がるがそれに対して特にこれといって深めていくような内容も無く、え?という部分が本当に多かった。

主軸からそれて本当に軸の話にすり替える、というのはこういった映画でよくある手法ですが、それを目指したがなんだか不完全で終わってしまっている感じ。
色々もったいないと思ってしまいました。
最後のほうの子供の姿がユラユラと浮かぶ部分はホラーとしてよかったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました