【映画レビュー】ヘル・レイザー【ネタバレあり】

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品情報

公開年
1987年

上映時間
95分

ジャンル
ホラー

スタッフ
監督:クライヴ・パーカー
脚本:クライヴ・パーカー

キャスト
カースティ・コットン/アシュレイ・ローレンス
ラリー・コットン/アンドリュー・ロビンソン
ジュリア・コットン/クレア・ヒギンズ
フランク・コットン/ショーン・チャップマン
スティーヴ/ロバート・ハインズ
魔道士ピンヘッド/ダグ・ブラッドレイ
魔道士フィメール/グレース・カービー
魔道士チャタラー/ニコラス・ヴィンス
魔道士バターボー/ サイモン・バムフォード

あらすじ

極限の快楽を得られるという奇妙なパズル・ボックスを手に入れた男が失踪。
その家に親戚一家が移り住んできた時、屋根裏では死んだと思われていたその男が肉塊から復元を始めていた。
以前、男と通じていた母親は復元のために人を連れ込み殺すが、その事に気付いた一人娘は偶然パズル・ボックスを手にする。

感想

まず私個人の評価はこんな感じ。

!この先ネタバレ含!








一度見たらなかなか忘れられないこの強烈なビジュアルのキャラクターは知っていたものの、観たことはなかった作品。

海外ホラーにありがちな音で驚かせるタイプのホラーではなく、どこかジャパニーズホラーに似た恐怖感を覚えた。
じっとりというか、ねっとり脳裏に張り付くというか・・・一瞬のインパクトよりもじわじわと来る不快感がある作品。

そういった点はすごく好きなんだけど、思っていたより普通・・・という感じ。

メインで出るんだろうと考える人も多いであろうセノバイト。
4人も登場するのにも関わらず、全体通して見ると全然出番がない!
こんなにいいデザインをしてるんだから、つい重要シーン以外でも登場するものだとばかり。
もう少し掘り下げるなりすればいいのにと思ってしまうけど、それは次回作以降でなのかな。(未視聴)

一番のテーマである「快楽」もイマイチ伝わってこなかった。
伝わってくるのは痛々しい苦痛のみで・・・乗り越えた先の快楽表現はもう少し分かりやすく入れてほしかったなあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました