【映画レビュー】ミッドナイト・イン・パリ【ネタバレあり】

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品情報

公開年
2012年

上映時間
94分

ジャンル
ドラマ、恋愛

スタッフ
監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン

キャスト
ギル・ペンダー/オーウェン・ウィルソン
イネス/レイチェル・マクアダムス
ジョン/カート・フラー
ヘレン.ミミ・ケネディ
ポール・ベイ/マイケル・シーン
キャロル・ベイツ/ニーナ・アリアンダ
コール・ポーター/イヴ・エック
ゼルダ・フィッツジェラルド/アリソン・ピル
F・スコット・フィッツジェラルド/トム・ヒドルストン
ジョセフィン・ベーカー/ソニア・ロラン
アーネスト・ヘミングウェイ/コリー・ストール
フワン・ベルモンテ /ダニエル・ルント
アリス・B・トクラス/テレーズ・ブル=ルビンシュタイン
ガートルード・スタイン/キャシー・ベイツ
パブロ・ピカソ/マルシャル・ディ・フォンソ・ボー
アドリアナ/マリオン・コティヤール
ガブリエル/レア・セドゥ
ジューナ・バーンズ/エマニュエル・ユザン
サルバドール・ダリ/エイドリアン・ブロディ
トム・コルディエ/マン・レイ
アドリアン・ドゥ・ヴァン/ルイス・ブニュエル
探偵デュリュック/セルジュ・バグダサリアン
探偵タスラン/ガッド・エルマレ
T・S・エリオット /デイヴィッド・ロウ
アンリ・マティス/イヴ=アントワーヌ・スポト
レオ・スタイン/ロラン・クラレ
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック/ヴァンサン・マンジュ・コルテス
ポール・ゴーギャン/オリヴィエ・ラブルダン
エドガー・ドガ/フランソワ・ロスタン

あらすじ

ギルは婚約者と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。
彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。
ロマンチストのギルは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁を抱いており……。

感想

まず私個人の評価はこんな感じ。

!この先ネタバレ含!








ひたすらにロマンチックでお洒落な映画。
色彩、場所、ファッション、画面に映る全てが眼を楽しませてくれた。

もともとこういった時代の雰囲気や装飾が好きなので、至る所で一時停止してはスケッチ、一時停止しては写真を撮って記録(笑)
ウディ・アレン監督の作品としてはいつも以上に幻想的だった。

作中に偉大な芸術家や作家がそれにまつわるエピソードが数多く出てくるから、教養があればある程楽しめる。
知らなきゃ楽しめないというほどのものでもないけど、会話の内容やエピソードに疑問を感じる部分が多くなるかも。

私は初めて観たとき名前程度しか知らない人が多かったので、大まかに勉強してから後日また改めて観たらまた違った楽しさがあってとても良かった。
教養があると人生が豊かになるとは良く言ったものだな・・・と、こういう時に改めて思う。

ポスターなどに使われている絵はゴッホなのに、肝心の登場人物に彼が出てこないのは「主人公がゴッホ自身なのではないか」という説を私も推したい。
ギルの服装、生い立ち、経験、それらすべてゴッホを思わせるような意図を感じる。
そうであってほしいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました