【映画レビュー】オペラ座の怪人(2004年)【ネタバレあり】

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品情報

公開年
2004年

上映時間
140分

ジャンル
ミュージカル、ロマンス、サスペンス

スタッフ
監督:ジョエル・シューマカー
脚本:ジョエル・シューマカー、アンドリュー・ロイド・ウェバー

キャスト
ジェラルド・バトラー/ファントム
エミー・ロッサム/クリスティーヌ
パトリック・ウィルソン/ラウル
ミランダ・リチャードソン/マダム・ジリー
ミニー・ドライヴァー/カルロッタ

あらすじ

19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントムの仕業とされる怪事件が多発。
一連の事件は、彼が見初めた歌姫クリスティーヌをプリマドンナにするために起こされたものだった。

感想

まず私個人の評価はこんな感じ。

!この先ネタバレ含!








オペラ座の怪人は、舞台も良いけどやっぱり映画が好き。
原作とは違いあくまでもミュージカルを映画化したものなので、そこは注意が必要です。

舞台だけでは見ることのできない細部の美しさ、豪華な演出、圧巻です。
マスカレイドの絢爛豪華な装飾や演出は本当に素敵で輝いていて・・・
最初の、廃れた廃墟のようなオペラ座が曲と共にかつての煌びやかな姿になっていく様子は鳥肌が立ちました。
ずっと忘れられない本当に大好きなシーンです。

ファントムの決して受け入れられない愛情、終わりのなかった孤独、その部分の心理描写がとても繊細でグッときます。
というかまず、色気が凄すぎて初見時は顔にばかり目が行ってしまいました。笑
歌い方も王道オペラというかんじではなくどこかロック調で、その感じがまたオペラ座の「怪人」にマッチしていてとても良いなあと。

ミュージカルの作曲を担当したアンドリュー・ロイド・ウェバーが携わっているおかげか、曲も歌声も素晴らしい。
舞台とその人物のイメージを崩さず、かつ歌唱力高く綺麗。
サウンドトラックも凄くお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました